デザインに困った時は?デザインの本当の意味を知るとデザインが生まれる

みなさんこんにちはノーブです!

私は長年営業マンをしていますが、ほぼ同じ年数デザインディレクターとしても働いてきました。営業とデザインってまったく違う分野だと思っていませんか?

そんなことはありません。むしろ営業とデザインは、表面的には別の職業に見えても本質を見るとまったく同じものです。

デザインとはなにか?

まず最初にデザインとは何だとお考えですか?

  • 見た目をカッコよくする
  • 見た目を綺麗にする

見た目を飾り付け、カッコよく見えるようにしたというだけではデザインとは言えません。

デザインの語源を調べてみましょう。

デザインの語源はラテン語のdesignare

デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。また、デザインとは具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。日本では図案・意匠などと訳されて、単に表面を飾り立てることによって美しくみせる行為と解されるような社会的風潮もあったが、最近では語源の意味が広く理解・認識されつつある。形態に現れないものを対象にその計画、行動指針を探ることも含まれ、就職に関するキャリアデザイン、生活デザイン等がこれにあたる。引用:wikipedia

デザインとは問題を解決するための表現方法のことを言います。見た目を飾り付けただけではデザインとは呼べません。

つまり、デザインとは、誰が・何を・誰に・どうやって・伝えるを考える必要があります。

ヒトがヒトに、コト、モノをどのようにして伝えるのか、もっとも適切なコミュニケーションの方法を考えて、それを形にして初めてデザインになります。

営業もデザインも本質は同じ

営業も同じです。以前の記事で営業マンとは「経営も含めた広い範囲での知識を持ち、売上につなげるためのお客さんへの相談窓口専門職」と書きました。

営業もデザインも、お客さんが何を誰にどのようにして伝えるのか?を考えます。これが実現できて、ようやくコミュニケーションをデザインすることができたことになります。

スティーブ・ジョブズの言葉

アップルの設立者スティーブ・ジョブズにこのような名言があります。

Design is not just what it looks like and feels like. Design is how it works.
デザインとは、単なる視覚や感覚のことではない。デザインとは、どう機能させるかだ。

デザインとは見た目だけのものではなく、より深い意味を持っているということを考えて、デザインを考えてみましょう。今までと違った新しいデザインが見えてくるはずです。

頑張れば頑張るほど自分のクビを絞める!? よくある企業の悪循環

みなさんこんにちは!ノーブです。

みなさまは、仕事に対してどのような思いで取り組んでいますか?

頑張って結果を出して早く出世したい。尊敬する先輩や上司のために頑張りたい。褒めらたいから頑張りたい。適当にこなしてプライベートを充実したい。など、人それぞれでしょう。

頑張っているように見える人だけが評価されがち

それでは、一般的にどのような人が頑張っていると評価されるでしょうか。

  • 1.メモをとらずに80%の仕事をこなす人
  • 2.メモをとって50%の仕事をこなす人

正解は2です。従業員の自分の目に映った行動だけを見て判断してしまいがちです。1の従業員が見えないところで努力をした結果80%の仕事をこなしても頑張っていると評価されず、もっと頑張ればもっと結果が残せるのにという判断されてしまいます。

特に日本は実力主義でない会社が未だに多く、高い結果を残しても、頑張っている過程が目につかないために頑張っていないと評価されてしまうことが多々あります。

欠員が出た時に残された従業員で仕事をこなすと会社は人を補充しない

これはどこの会社でも良く聞く話ですが、5人だったグループのうち1人欠員が出た時、残された従業員はどうしますか?責任感のある従業員であれば、新たに人員が補充されるまで、残された従業員で欠員分の仕事を頑張ってこなすでしょう。

しかし、残念ながら残された従業員で仕事をこなしてしまうと、会社は4人でもその仕事量をこなせると判断します。そして、欠員状態がデフォルトになってしまい、人員の補充が行われないという結果になります。

なぜなら、経営的視点からすると1人分の人件費がまるまる利益として残るのは経営上とても大きなメリットだからです。会社の利益率にもよりますが1人の人件費分の利益を上げるためには数百万円の売上が必要です。新たにそれだけの売上を確保し、利益を残すのはとても困難です。そのため、同じ業務量を少ない人員でこなしてもらうのが経営者にとっては最も手っ取り早く利益を上げる方法なのです。

頑張って売上を上げたら、次年度の売上目標はそれが基準になる

次に営業マンであれば売上目標が設定されている場合が一般的でしょう。例えば、年間の売上目標が1億円だった営業マンが大型スポット案件を受注し、年間1億円1千万円の売上を上げて目標達成したとしましょう。この営業マンの来期の売上目標は1億円2千万円に設定されてしまいがちです。

そして新たに設定された目標に達しないで、1億円1千万円だった場合、他の営業マンの売上目標が1億円だとしても、目標に達しなかったのは頑張りが足りなかったからだと責められます。

なぜなら、経営的視点からすると売上数字しか見ていない事が多く、売上数字の本質を把握できていない事が多いからです。去年の売上の中に次年度は見込めない大型受注が加味されていても、数字だけを見て「去年は売上目標を達成したんだから、今年も頑張れば去年以上の売上を達成して当たり前」だと判断されてしまうのです。

経営者と従業員のギャップが悪循環を作る

このように、従業員が頑張っても、会社が本質を把握していない為に、相当な現場負荷がかかっている事に気付かなかったり、正当な評価ができなかったりと、会社と従業員の間に大きなギャップが生まれます。

現場負荷が続くと現場はいずれ破綻し退職者が増加します。残された従業員は更に欠員分の仕事をこなす事を強いられ、更なる業務請負となり、退職者が更に増えるという悪循環になります。少し前にとある飲食チェーンのワンオペも、現場負荷を把握していなかった結果、現場が破綻し、大勢の退職者がが出た結果、店舗運営ができなく会社は大きな損失を生みました。

また、売上目標を達成してしまうと、来期は更に高い売上目標を課せられるので、売上目標を達成しないギリギリのところで仕事の調整をして目標を意図的に達成しない営業マンも出てきます。その結果、会社全体の売上はいつまで経っても上がらないという悪循環に繋がります。

悪循環にならない為には現場の声が重要

このような悪循環は会社にとってはマイナスしかありません。そうならない為にも、従業員の声が届きやすい環境、現場の本質を把握できる環境、正当な評価ができる環境づくりはもちろんですが、それ以上に経営者や上司が現場を知ろうとする行為が会社運営上で最も重要な事なのです。