デザインに困った時は?デザインの本当の意味を知るとデザインが生まれる

みなさんこんにちはノーブです!

私は長年営業マンをしていますが、ほぼ同じ年数デザインディレクターとしても働いてきました。営業とデザインってまったく違う分野だと思っていませんか?

そんなことはありません。むしろ営業とデザインは、表面的には別の職業に見えても本質を見るとまったく同じものです。

デザインとはなにか?

まず最初にデザインとは何だとお考えですか?

  • 見た目をカッコよくする
  • 見た目を綺麗にする

見た目を飾り付け、カッコよく見えるようにしたというだけではデザインとは言えません。

デザインの語源を調べてみましょう。

デザインの語源はラテン語のdesignare

デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。また、デザインとは具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。日本では図案・意匠などと訳されて、単に表面を飾り立てることによって美しくみせる行為と解されるような社会的風潮もあったが、最近では語源の意味が広く理解・認識されつつある。形態に現れないものを対象にその計画、行動指針を探ることも含まれ、就職に関するキャリアデザイン、生活デザイン等がこれにあたる。引用:wikipedia

デザインとは問題を解決するための表現方法のことを言います。見た目を飾り付けただけではデザインとは呼べません。

つまり、デザインとは、誰が・何を・誰に・どうやって・伝えるを考える必要があります。

ヒトがヒトに、コト、モノをどのようにして伝えるのか、もっとも適切なコミュニケーションの方法を考えて、それを形にして初めてデザインになります。

営業もデザインも本質は同じ

営業も同じです。以前の記事で営業マンとは「経営も含めた広い範囲での知識を持ち、売上につなげるためのお客さんへの相談窓口専門職」と書きました。

営業もデザインも、お客さんが何を誰にどのようにして伝えるのか?を考えます。これが実現できて、ようやくコミュニケーションをデザインすることができたことになります。

スティーブ・ジョブズの言葉

アップルの設立者スティーブ・ジョブズにこのような名言があります。

Design is not just what it looks like and feels like. Design is how it works.
デザインとは、単なる視覚や感覚のことではない。デザインとは、どう機能させるかだ。

デザインとは見た目だけのものではなく、より深い意味を持っているということを考えて、デザインを考えてみましょう。今までと違った新しいデザインが見えてくるはずです。